姉妹ブログです。よろしかったら見てください。

りんごの花が咲くころ

 

費用 費用妻

コロナ禍の中、関東に行くのにかかった費用。

投稿日:




友人に会いに、4月末こっそり関東に旅行しました。

全国に非常事態宣言が出たので、無理かなとあきらめていましたが、今まで難色を見せていた友人が「会おう」ということになり、ネットで飛行機を予約することになりました。

 

コロナ禍の中関東に行くのにかかった費用。

交通手段

できるだけ人に接触しないということで、家から空港までは自家用車、空港から友人宅まではホテル直通のリムジンバスと後はタクシーを使うことになりました。

 

パック旅行を予約する

比較サイトで一番安いパックを予約しました。JALとANAではANAのほうが安価だったのでANAにしました。ほとんどJAL利用していたのですが、安さに負けました。

行きは1便だけ、帰りは複数便の予約ができました。夕方出発を選択し、ホテルは使わないため一番安いところを選択しました。コロナのせいか、便数は少ないですが、パック費用がかなり安くなっていました。

 

2泊3日(1泊ホテル付) 19,800円

往復の飛行機代とホテル代でこんな金額初めてでした。

その後、帰りの便が欠航となり、次の日のお昼に帰るよう便の変更をしました。友人は2泊の予定が3泊になりましたが了承してくれました。

 

かかった費用

パック旅行代 19,800
リムジンバス代(羽田ー新宿ホテル間) 1,250
 〃     (バスタ新宿ー羽田間) 1,250
タクシー代 3,000
空港駐車場代 2,400
27,700円

 

夜19時ごろ友人宅に到着し、4日目の午前中11時ごろ友人宅を後にしました。その間、散歩と途中コンビニで買い物する以外は友人宅に引きこもり状態でした。

一番厳戒態勢だったので、人との接触を控えることができ、宣言が明けた頃になると、人の行き来が増えリスクが高くなるだろうということで、多少の後ろめたさはありましたが、上京できてよかったです。会わないままコロナで死ぬことだけは避けたかったので。

 

帰ったからは私自身は自分の行動に後悔したりふさぎ込んでいましたが、友人は人を招き入れたことに疲れ果て、また社会的責任において落ち込んでいたようです。

今は、適度に友人とのやり取りが復活しています。



-費用, 費用妻

Copyright© お金にまつわるりんご家の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.