姉妹ブログです。よろしかったら見てください。

りんごの花が咲くころ

 

費用 費用妻

関東からの交通費。

投稿日:




関東から戻ってきました。行きは、早割の航空機を早割で購入していましたが、帰りの便は準備していませんでした。帰りの予定が行ってみないとわからなかったからです。

 

そして昨日帰ってきました。

 

高速バスを考えていた。

前日か当日でも予約できるであろう高速バスで帰ってくることを想定していました。距離が長いので、夜行バスになります。何度か高速バス利用していますが、日々年を取っているからか、眠れないし、軽く寝たとしても姿勢が下がってきているのか、足がとても痛くなるのです。体重が下に下がってきているようです。

東京-地方 13,000円程度

飛行機の早割のほうが安いのです。高速バスのメリットは、いつ予約しても基本的に運賃はそれほど変わりません。繁忙期でなければ、満席ということも避けられます。

今は、春休みのせいか曜日によっては満席になっている場合もありますが、JRバスが満席でも、民間会社では予約が取れたりするので、予約はしていませんでした。

また、予約しても事前にキャンセルできれば、キャンセル料は100円で済んだりします。

 

デメリットは、早く買えば若干安くなることはありますが、それでも1万円以上はかかってしまいます。

あとは、時間が長い、眠れないなどでしょうか。

 

飛行機を今から買うと3万円以上はかかってしまいます。往復ならパック旅行もありますが、片道なので、それも使えない。結局、2日か3日かの高速バスを当日の予定が立ってから予約しようと考えていました。

 

そんな方法は考えもしなかった。

格安航空の運賃

長女が関東に来るのに、格安航空を使おうかと連絡がありました。???

運賃を聞いて、びっくり。高速バスよりずっと安いのです。

さっそく、関東から地方への運賃を調べてみると、やはり安い。羽田ではなく、成田になりますが、まあ、許容範囲でしょう。

 

一人なので、座席指定もしませんでした。3人掛けが2列の飛行機でしたが、席は通路側になりました。自分で選んでも通路側を選ぶのでよかったです。

荷物も機内持ち込みだけにしました。

 

成田行きの鉄道、高速バス

鉄道で行くと、3千円を超えるようです。折角、飛行機代が節約できたのだから、他の方法を調べてみました。

 

成田までの高速バスは、千円で行けるようです。ネットで検索すると、2日前なら100円引き。前回のディズニーの件もあり、事前予約することにしました。

東京駅南口からJRバスの成田行きが出ていました。こちらは駅からすぐなので便利そうでしたが、大きなスーツケースを持った方たちが並んでいました。これにするなら、事前予約したほうがいいかもしれません。

 

予約内容

曜日なのか、日なのか、ほとんど乗っていませんでした。10人もいなかったともいます。2階建てバスなのにね。

 

かかった費用

格安運賃 7,070
成田行きバス 900
地方空港の駐車場代 100
8,080円

地方空港には、長女に迎えをお願いしました。駐車場代は30分まで無料でしたが、その時間を超えてしまったので100円かかりました。

格安飛行機での旅行体験記は、別ブログに記載する予定ですが、1万円を切っての帰郷はとても満足でした。

 

 



-費用, 費用妻

Copyright© お金にまつわるりんご家の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.