姉妹ブログです。よろしかったら見てください。

りんごの花が咲くころ

 

家計管理 税金

ふるさと納税のお得な寄付額はいくら。&今年はどこに寄付しようか。

投稿日:




 

ふるさと納税の返納品の上限が厳しくなるようです。返納品の金額を上げて寄付を募る市町村などが問題になっているようです。私は元公務員ですが、ここまで国が介入することがいいのでしょうか。

 

小さい町や村が、地域振興としてやる分にもっと自主性を尊重してもいいのではないでしょうか。都会に人が集まるのはどうしようもありません。地域偏在は今や打つ手はないでしょう。

そんな中、唯一小さい市町村が知恵を絞って、寄付を集める、いいじゃないですか。待ちに入る寄付額が少しでも、返礼品を待ちの特産物にすれば、町全体が潤います。確かに、そういう町があると、ほかも追随せざるを得なくなるといいますが、追随するかはその町で考えればいいことだと思います。

 

都会の税が地方に流れるといいますが、それだけの人が、税がそこにあるのです。もう少し広い心で対応してほしいと思います。私の住んでいるところも、力を入れている町は、2,3か所です。とても田舎ですが。それを見ていると応援したくなります。

ふるさと納税のお得な寄付額はいくら。

私は、30年3月に退職していますので、夫が寄付することになります。扶養親族も変わりましたので、試算をしてみました。

29年の源泉徴収票をもとに、社会保険料(長女、次女の分)、扶養親族(長女、次女から次女と私)を考慮しました。

 

この試算に間違いがなければ、43,000円寄付したら、41,000円分税が軽減されるということです。2,000円は必ず負担になります。

多くの市町村などでは、寄付をすると、返礼品を用意しています。この返礼品を2,000円で手に入れるということで、批判が多いのかもしれません。

 

今年の寄付額は、40,000円とします。

 

今年はどこに寄付しようか。

寄付先は、ふるさとチョイスから選びました。

寄付額から選んだり、地域から選んだり、返礼品から選ぶこともできます。

 

私は主に、果物とお肉を頼みます。お米なども人気のようです。

候補 ひとつめ

今年寄付して、返礼品は来年の夏になります。その頃になると、発送時期を知らせてくれるメールが届きます。

桃の場合、1万円の寄付で5キロは最大ではないでしょうか。品種などこだわらなければ、とてもお得感があります。ここ数年、寄付を続けています。

 

候補 ふたつめ

焼き肉のセットを頼みます。冷凍で届きますので、その時期になると冷凍庫を開けておく必要があります。我が家では、2回焼き肉が楽しめる量です。

 

 

候補 みっつめ

いつも頼んでいた町が、今年は寄付額が1万円から1万二千円になっていましたので、こちらにしました。いつものところは1キロが1.2キロでお得感があります。お正月にすき焼きをするときに利用したいので、12月に入ってから寄付するつもりです。

 

候補 思案中

 



-家計管理, 税金

Copyright© お金にまつわるりんご家の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.