姉妹ブログです。よろしかったら見てください。

りんごの花が咲くころ

 

和裁関連費

和裁を始めたことににかかる費用(8月編)

投稿日:




9月から一生の趣味にするべく和裁を習い始めました。

月謝は月4回で1万円です。時間は1回あたり3時間。

和裁は針と糸があれば始められますが、それだけではやはり無理があります。道具は少ないと思いますがちょこちょこ買っていますのでその記録を残していこうと思います。

 

和裁を始めたことににかかる費用

8月

和裁用のヘラ台、けんちょうき、アイロンこてをメルカリで買いました。送料込みで4500円でした。

古い絹糸をまとめて購入しました。送料込みで2000円でした。新たに買うよりは安いのですが、色など必要なものを買ったほうがよかったかもしれません。未使用のものが大半でしたが、色が偏っていたと思います。運針の練習糸に活用しています。

帯芯7本と長じゅばん地を送料込みで4000円で購入しました。これは半幅帯やつけ帯を自分で作りたいのと長じゅばん地は和裁の練習にいずれ活用する予定です。

古い長じゅばん地2本を送料込みで2400円で購入しました。こちらはシミがあるようなので、自分で染めてから和裁の練習に使用する予定です。何色に染めようか楽しみです。

小紋の解き反物を2200円でヤフオクで購入しています。こちらはいずれ単衣にして自分で縫いたいと思います。同時購入で正絹の長じゅばんを300円で購入しました。使用感はありますがシミなどは見当たらずきれいなものでした。裄が65センチと少々短いのでお直しの練習に使用したいと思っています。送料込みで3100円ですが、千円offのクーポン利用で2100円で購入できました。

和裁道具 4,500
2,000
帯芯など 4,000
長じゅばん地 2,400
解き反物など 2,100
9月計 15,000

このほかに着物を解いてリメイクするため、着物を購入しています。

和裁の練習用の反物はそろったので、これからは消耗品だけの購入にとどめます。



-和裁関連費

Copyright© お金にまつわるりんご家の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.