姉妹ブログです。よろしかったら見てください。

りんごの花が咲くころ

 

費用 費用次女

次女の引っ越しにかかった費用。

投稿日:




 

引っ越しまでの経緯はこちらに。

次女の引っ越しは事前の準備が水の泡?

次女の就職で転居することは早くからわかっていました。赴任先は年明けにわかっていましたが、住むところは会社の借り上げマンションです。赴任する前に、採用者一同で研修が関東で予定されていました。住む先の住所は研修中にわかるということでしたが、なかなかわかりませんでした。研修は、連休前まで予定されており、引っ越しは連休中となります。

 

次女の引っ越しにかかった費用。

持込した費用

持ち込んだ荷物の量。9個。

100 1
120 4
130 3
140 1
9

担当者から一つ提案がありました。荷物二つをひとつにまとめるとその分お安くなります。その方法でお願いすることにしました。予算内に収まるように、また集荷の予定が一部持込したということでの提案だったのでしょう。料金を正確に教えることもできませんでしたし。

これにより荷物は8個になりました。

100(925円) 1 925
120(1,119円) 2 2,238
140(1,333円) 3 3,999
160(1,527円) 2 3,054
8 10,216円

 

値引き前の費用

定価 割引額
100 1,361 436
120 1,577 458
140 1,814 481
160 2,030 503

1,361円が925円になるには、クロネコメンバーズ割10%、メンバーズ持込割引150円、デジタル割50円、これに複数口割引が100円ありました。

デジタル割は、送り状を手書きでなく打ち出した場合の割引です。送り先を登録すれば打ち出しは営業所でできます。書かなくて割引があるとは使わない手はありません。

 

集荷の費用

集荷は10個お願いしました。

140(1,483円) 8 11,864
160(1,677円) 2 3,354
10 15,218円

割引は、クロネコメンバーズ割10%、デジタル割50円、これに複数口割引が100円ありました。

 

引っ越しにかかった費用

支払った額

持込 10,216
集荷 15,218
25,434円

予算内に収まりました。

長女に送ったゆうパックの送料6,510円でしたが、これに当てはめると5,031円で送れた計算です。1,479円も違います。

クロネコメンバーズ結構使えます。

当初計算していた30,927円から1つあたり100円引きとして29,027円と思っていましたが、それからも3,500円以上安く発送することができました。この時は、安いということに満足していました。

 

そしてその荷物は、4月27日土曜日の19時以降に指定していました。



-費用, 費用次女

Copyright© お金にまつわるりんご家の話 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.